英語が話せなくても大丈夫!ハワイで使える簡単英会話集

ハワイはアメリカなので当然英語です。英語が話せないのにどうしよう、などと悩む必要は全くありません。

ハワイでは片言の日本語ならどこでも通じます。ホテルのフロント、ショップの店員、タクシーの運転手まで簡単な日本語を知らない人はいません。

ハワイはもともと日系人が多かったこと、また日本人観光客が1年中訪れることなどからハワイの人はできるだけ日本語で接してくれようとします。

私は多少の英語は話せるので英語で大丈夫なのに、と思うのですが日本語で話しかけられるとつい日本語で返してしまいます。

しかし、せっかくハワイまで来たのですからできるだけ英語を使ってみましょう。ショップの店員やホテルのスタッフには笑顔でHelloまたはHiと挨拶をしましょう。

How are you today?(調子はどうですか?)

How’s everything?(問題はありませんか?)

などと聞かれると思いますので

I’m fine. (調子いいです)

everything’s OK.(快適です)

など返事を返しましょう。

お店に入ると

How can I help you?(何か手伝いましょうか?)

Do you need any help?(何か手伝いましょうか?)

Are you looking for something?(何かお探しですか?)

などと声をかけられます。

I’m looking for ~(~を探しています)

Do you have ~(~はありますか?)

などと答えましょう。とくになければ

Thank you, I’m OK.(ありがとう、大丈夫です)

Thank you, I’m just looking.(ありがとう。ただ見ているだけです)

と答えます。慣れてくると合言葉のようにスムーズに受け答えできるようになるはずです。

その他にもハワイでタクシーやバスに乗るときに使うに便利な英会話をご紹介します。

Can you take us to ~hotel?(~ホテルまでお願いします。)

タクシーに乗るときは行き先をはっきり伝えましょう。運転手はハワイのホテルや観光スポットに関して熟知しているのであまり心配はいりません。

バスに乗るときには念のため運転手に行き先が間違っていないか確認するといいと思います。

Does this bus go to ~?(このバスは~へ行きますか?)

Can you tell me when to get off.(どこで降りるのか教えてください)

目的地を告げて一言運転手に声をかけておけば、目的地に到着する際に教えてくれます。

レストランでよく使われるフレーズは

I have a reservation.(予約しています)

Can I have ~(~をください)

Can I pay by credit card?(クレジットカードを使えますか)

Check please.(会計をお願いします)

などがあります。ハワイでは食事を頼む際に付け合わせや焼き加減などを聞かれることがありますので慌てずに答えましょう。

最後にハワイでよく使われるハワイ語、アロハとマハロをマスターしましょう。

アロハはこんにちわ、マハロはありがとうの意味があります。

大自然の神秘に感動!キラウエア火山を見なくては始まらない!

ハワイ島に到着するとまずおどろくのは一面地面が真っ黒なことです。

ハワイ島は溶岩が固まってできた島なのでそこかしこに黒い溶岩があり、そこには植物は生息できません。

海、山、地平線と水平線。まるで別世界に来たような神秘的な光景が目の前に広がります。

しかし、ハワイ島が見せる自然の神秘はこれだけではありません。ハワイ島に来たら絶対に外せないのがキラウエア火山です。

キラウエア火山はハワイ島にある活火山で現在でも断続的に噴火を続けています。キラウエア火山の特徴は爆発的な噴火をせず、噴火の最中であっても観光できる安全な火山であることです。

噴火している火山口の中をのぞき込める火山は世界でも類を見ないのではないでしょうか。

キラウエア火山はハワイ火山国立公園の中にあります。キラウエア火山を観光するにはツアーに参加するのが手っ取り早い方法ですが、今回私たちは個人でキラウエア火山へ行ってみました。

長時間運転することが可能であれば、キラウエア火山は個人でも問題なくいくことができます。

コナからハワイ火山公園までは約3時間。決して短い距離ではありませんが、交代で運転すれば負担は大きくありません。

私たちは朝10時ごろ出発し、途中のスーパーマーケットでサンドイッチなどを購入して2時ころハワイ火山公園に到着しました。

ビジターセンターではお土産物屋があり、火山についての映像などを見ることができます。途中溶岩による白い煙が立ち上っているところもあり、煙を長時間吸わないようにという注意書きがありました。

トレッキングコースもあり、公園内を歩き回ることができます。私たちはあまり時間がなかったので、1時間ほどトレッキングをし、その後溶岩が固まってできた道、Chain of Craters Rdを歩きました。

真っ黒ででこぼこの溶岩の道と果てしなく広がる黒い大地に大自然の強大な力を感じました。運が良ければ実際に流れている溶岩を間近に見ることができるそうです。

実はキラウエア火山に来たことのある友人から日影がなくてとにかく暑くて疲れるよと言われていてので内心ホテルのプールでのんびりしていたいと思ったのですが、実際に訪れてみると素晴らしかったです。

私たちが訪れたのは3月末で暑すぎず、また道路が昔よりも整備されていて全く問題なく火山を楽しむことができました。

ジャガーミュージアムでが溶岩について詳しく知ることができますし、展望台からは火山口が見えます。残念ながら私たちが訪れた時には燃えている様子は見えなかったのですが、途中なんどか赤く光り、観光客が歓声を上げていました。

最後にラバ・チューブと呼ばれるサーストン溶岩洞を訪れ、溶岩で出来たトンネルをくぐりました。溶岩洞は溶岩が高速で流れることによってできる洞窟で非常に貴重です。

溶岩洞の入口はうっそうとした森になっていて、聞いたことのない鳥の鳴き声が聞こえました。地球はこのような火山の噴火によってあちこちに島や大陸ができたのでしたよね。

地球の神秘を目の当たりにして、本当に感激した一日でした。ハワイ島を訪れる際には丸一日費やして火山を楽しんでください。

活火山をのぞき込めるなんて世界中にここしかありませんよ。

オアフに飽きたらアイランド航空でハワイ島へ行ってみよう!

オアフ島はもう満喫したから離島へ行ってみたいなという方におすすめはハワイ島です。

地元ではthe Big Islandとも呼ばれています。ホノルルとは全く違った雰囲気でもう一つのハワイを楽しむことができます。

ハワイ島へは飛行機で約40分。ハワイアン航空、アイランド航空、モクレレ航空が飛んでいますが、今回初めてアイランド航空を利用してみました。

アイランド航空のプロペラ機は約50人乗りで、ジャンボよりも低空飛行のため海や陸地がよく見えます。

エンジンの音はうるさいですが、飛行時間は短くあっという間にハワイ島へ到着します。

アイランド航空が離発着するのはコミューターターミナルと呼ばれる小さなターミナルで、一番端にありメインターミナルからは少し歩きます。

アイランド航空には日本語のHPはありませんのでちょっとわかりにくいかもしれませんが日程、時間、座席の種類を選ぶだけなので難しくはありません。

お子さんがいる場合には、ケイキプログラムという子供割引がありますのでお得に航空券を購入できます。

アイランド航空では荷物は別料金になり、航空券代とは別にチェックイン時に支払う必要があります。荷物一つにつき25ドルかかりますが、アイランド航空にメンバー登録するだけで10ドル割引になります。

うちはチェックイン荷物が4つあったので往復で120ドルほどかかりました。チェックイン後、手荷物検査をして待合室へ。フリーWifiもあり、快適でした。

機内では水かグアバジュースを選ぶことができます。

コナ空港はローカル感満載で、カウンターや待合室にも屋外にあります。しかし、アメリカ本土への便や国際便も飛んでいるのでセキュリティはきちんとしていました。

ハワイ島への旅行の際には必ず空港でレンタカーを借りてください。日本からあらかじめ予約をすると割引やお得なパックもあります。

というのも、コナ空港からコナ市内へは公共の交通手段がなく、タクシーを利用するぐらいなら最初からレンタカーをした方が便利です。

レンタカー会社は空港の入口周辺にありますので、出国エリアを出たところで待機しているレンタカー会社のシャトルバスを利用して事務所まで行きます。

ハワイでレンタカーを利用するのには国際免許証は不要です。日本の免許証とパスポートだけで車を借りることができます。

もちろん右ハンドル、右側通行なので慣れるまで注意してください。私もかつてはアメリカで運転していたはずなのに、他の車がいないと左車線に入り込みそうになって冷や汗が出ました。

ハワイ島の宿泊はコナやヒロなどの市街、もしくはワイコロアなどのリゾートエリアになります。

コナ市内のホテルは周辺にショップやレストランがあって便利ですが、ヒルトンワイコロアやマリオットなども巨大なリゾート内にプール、ビーチ、ショッピングモール、ガソリンスタンドなどがあり不便は感じません。

ハワイ島でどのように過ごすかによって、宿泊先を決めるのがいいでしょう。

水族館に動物園!子供と一緒に楽しめる人気スポット

ワイキキビーチの東端にあるのが、ホノルル動物園です。ワイキキ行きのバスの折り返し地点にあるので、交通の便はとても良く、ちょっとした空き時間に訪れることもできます。

ワイキキビーチから入り口へ向かうと、なぜかマハトマ・ガンディー像がお出迎え。糸車を回しながら非暴力でイギリス統治に反対した偉大なる魂に触れることができます。

動物園の入場料は大人14ドル、12歳以下は6ドル、3歳以下は無料とややお高めですが、敷地面積は上野動物園よりも広く、200種類以上の動物が展示されています。

また、広大な敷地には様々な熱帯植物が植えられており、野生の鳥が大勢やってくるのも魅力です。といっても、ハワイに生息する動物の多くは帰化したものなので、日本でも見慣れたメジロやスズメもよく見かけます。

うちの子供たちは動物そっちのけで熱帯感あふれるブラウンアノールなどのトカゲや、ハワイにしかいない面白い姿をシたクモを探したりするのに夢中でした。

園内にはアジアゾウやオランウータン、キリン、ライオン、チーターなどの有名どころはもちろん、ハワイの鳥たちが多く展示されています。

その他にもフタユビナマケモノなど珍しい動物もちらほら。日本では夜行性であまり見ることができないため、明るい日差しの中で活動的に動く姿はとても新鮮です。

また、園内にはすべり台のような遊具もあり、ハワイ在住と思しき子どもたちが楽しそうに遊んでいました。日をさえぎるところが少ないので、長時間いるとかなり汗をかきますが、園内では500ミリリットルのミネラルウォーターが4ドル以上するので、持参したほうがいいかもしれません。

ホノルル動物園からカラカウア・アベニューを東へ行くと、すぐにワイキキ水族館が見えてきます。ただし、入場口までは500メートルほどあるので、意外と歩かなければなりません。

ワイキキ水族館の入場料は大人12ドル、12才以下は6ドル、3才以下は無料と、動物園よりも若干お安めですが、展示スペースは小ぢんまりしたもの。よほど真剣に見なければ、30分で回れると思います。

ここの目玉は、もちろんハワイモンクアザラシ。ハワイには2種しかいない固有の哺乳類です(もう1種はハワイシロゲコウモリ)。

モンクとはキリスト教の修道士のことで、その顔つきが修道士に似ているのが名前の由来だそうですが、修道士を見慣れていない我々にはどのあたりが修道士なのかよくわかりませんでした。

現在は、マカとホアイロナという2頭のオスが飼育されていますが、日本でモンクアザラシを見ることは不可能なので、絶対に見ておくべきです。

また、屋外にはハワイの海を再現した水槽があり、ヤドカリなどを触ることもできます。そのほか、タツノオトシゴやクラゲの仲間は種類も豊富でなかなかの見ごたえがあり、動物園と違って涼しいので楽に回れるのがうれしいですね。

ハワイ行きは午前中に到着する便が多いのでチェックインまでの時間に動物園や水族館を見て回る人が多いようです。