ハワイといえばポキ!まだまだある人気のハワイアンレシピ

ハワイに行ったらハワイの伝統的な食事を楽しむのも旅行の醍醐味です。

コンドミニアムでの自炊はお肉を焼くだけということが多いのですが、ハワイでは魚介類もおすすめです。

シュリンプやイカ、マグロなどの魚介類を購入し、スーパーなどで買えるミナトソースであえていただきましょう。

ミナトソースからはいくつか種類が発売されていますが、shrimp marinadeを使えば簡単にガーリックシュリンプが完成します。

そして忘れてはいけないのが魚介類をごま油であえるポキです。ポキはマグロなどのシーフードを玉ねぎやネギと一緒にごま油、塩、醤油などと一緒に混ぜます。

スパイシーなものだとキムチ入りのものもあります。大きなスーパーの総菜売り場には必ずありますので、部屋でご飯を炊いておかずとして食べるのがおすすめです。

日本でポキが懐かしくなっても、マグロのお刺身を使って簡単に作ることができますので手軽にハワイ気分を味わうことができますよ。

同じく日本人受けしそうなのがロミロミサーモンです。ロミとはもむという意味があり、ロミロミサーモンはサーモンのお刺身を玉ねぎやトマト、ネギなどと混ぜてつくるサラダ感覚のレシピです。

レシピ検索するといろいろな作り方がありますが、基本的にはカルパッチョのような味付けで誰にでも好まれます。

そして、子供にも大人気なのがロコモコです。日本でもレストランのメニュとして見かけることがありますが、ご飯の上に目玉焼きとハンバーグを乗せグレービーソースをかけたものです。

うちの子供たちはハワイで食べたものでロコモコが一番おいしかったそうです。グレービーソースがポイントです。

ハワイの主食といえば、ポイですが滞在中あまりみかけませんでした。タロイモを蒸してつぶして発酵させたものですが、酸味があるのが特徴です。

肉や魚介類などおかずと一緒に食べるとその味が引き立ちます。

ラウラウと呼ばれる豚肉や鶏肉、魚介類をタロイモの葉で包み、さらにティの葉で包んで蒸し焼きにした料理もハワイの伝統的な料理です。

香ばしく、またティの葉の香りがほんのりとしてハワイらしい一品です。

ハワイの有名なデザートといえば、マラサダと呼ばれるドーナツです。マラサダを専門に販売するショップが日本にもあります。

穴は開いておらず揚げパンにも似ています。もともとはポルトガルから伝わったお菓子だそうです。

ハウピアはココナツ味の牛乳ゼリーです。ココナツミルクをピアと呼ばれるタロイモのでんぷんで固めてゼリー状したものです。とてもヘルシーで小さな子供でも食べられますし、家でも簡単に作ることができます。

こうしてハワイの伝統料理を見てみると一部帰国してから自宅で作れるものもありますね。お刺身をはじめとする魚介類をふんだんに使っているのも日本食と共通するところがあります。

日本に戻ってハワイ料理が恋しくなったら、マンションのベランダをラナイ代わりにポキやロミロミサーモンを作ってハワイを思い出してください。

ファミリーもカップルもプールを満喫!おすすめはヒルトンヴィレッジ

ハワイといえば大人も子供もビーチとプールで遊ぶのを楽しみにしていますが、それならおすすめはヒルトンハワイアンビレッジです。

ヒルトンハワイアンビレッジはアラモアナとワイキキの中間に位置する一大リゾートで、グランドワイキキアン、レインボータワー、カリアタワー、アリイタワー、タパタワー、ダイアモンドヘッドタワーなどいくつものタワーから成り立ちます。

ビレッジ内には宿泊施設だけではなく、プールやビーチはもちろん、ショップやレストランも多くビレッジ内ですべてが完結します。

日本人旅行客だけではなく、外国人の宿泊客も多くビレッジ内は常に活気にあふれています。スタッフもとてもフレンドリーで、まさしく南国のリゾートと呼ぶにふさわしい場所です。

ヒルトンハワイアンビレッジの人気の秘密はそれぞれ異なる雰囲気の4つのプールです。

パラダイスプール、スーパープール、タパプール、デユーク・カハナムモク・ラグーンなどそれぞれ特徴があります。

うちの子供たちが入り浸っていたのは新設のパラダイスプール。プールの中には溶岩や滝があり、まるでディズニーランドのアトラクションのようです。

全長23mの溶岩トンネルのスライダーもあり、子供たちもおおはしゃぎでした。私たちがハワイを訪れたのは3月末だったのでまだ少し寒い日もあったのですが、温水のスパが併設されていたので冷えた体を温めることができました。

ビーチチェアが置かれた場所も日陰が多かったので、子供たちが遊んでいる間はのんびりチェアに寝転んでいました。

監視員も常在していて、ちょっとでも危険な動きがあれば大声で注意していました。

ワイキキ最大の規模を誇るのがヒルトンのスーパープールです。南国の植物で囲まれ、目の前には真っ青なビーチが見えるとても贅沢なプールです。

プールは夜9時ごろまで営業しているのですが、バーでお酒を飲むこともでき、大人の時間を楽しむこともできます。

キッズプールも併設されていますので、浅いプールで安心して子供を遊ばせることもできます。

そして忘れてはいけないのはデユーク・カハナモク・ラグーンです。このラグーンは海水を引いていますのでまるで本物の砂浜。しかし、波はありませんので、子供にも安全です。

ウォータービーやカヤック、スタンドアップ・パドルなどのマリンアクティビティに申し込むことができます。

プールに飽きたらヒルトンのプライベートビーチへ移動して本物の海を満喫しましょう。うちの子供たちは一日中プールとビーチを行ったり来たりしていました。

ビーチには残念ながら魚はいないと言われましたが、子供たちはシュノーケリングで魚をみつけていましたよ。

プールエリアにはいくつか頑丈な扉があり、カードキーがなければ入ることができません。またカードキーとは別にプールカードを渡されますので、プールサイドでビーチタオルを借りることができます。

とにかくハワイのプールで南国気分、リゾート気分を満喫したいという人はヒルトンハワイアンビレッジをおすすめします。

金曜日の夜にはビレッジ内で花火が上がり、フラのショーが開催されます。まじかで見る花火は迫力満点です。

ハワイでこんなことが困った!チップの習慣とトイレ探し!?

日本人にとって観光しやすいハワイですが、ハワイでこんなことが困ったという経験誰にでもあるはずです。

いくら日本人がハワイに慣れているといっても、やはり外国ですから文化や習慣は異なります。

ハワイで困ったことランキングの上位に来るのはチップの習慣です。チップは必ず払わなければならないのか、いくら払えばいいのか困りますよね。

海外ではチップは基本的に払わなければならないものと認識されています。あまりにサービスが悪い場合やすでにチップが含まれている場合には不要ですが、基本給が低くチップを収入として生活している人もいるのでチップは必ず払いましょう。

タクシーの場合は料金の10%~15%、レストランでは20%、ホテルのスタッフが荷物を運んでくれたり、部屋の掃除をしてくれたときには1ドル程度渡すようにしています。

例えばタクシーの料金が30ドルだった場合には33ドル、レストランの会計が50ドルだった場合には60ドルという風になりますが必ずしもきっちり計算する必要はなく、その時の手持ちによって支払う金額を決めていいと思います。

レストランの会計をクレジットカードで行った場合、チップの金額を記入する欄がありますので、チップの金額と食事代を合計した金額がカードから引き落とされます。

少なくともハワイでは多少チップの金額が少なくてもあからさまに嫌な顔をされることはありませんでした。

二つ目に日本人が直面するのはトイレの問題です。日本のトイレは駅でもデパートでもそれそれはキレイで使いやすいのですがハワイではどうでしょうか。

ハワイはショッピングモールやホテルが多いのでトイレに困ることはありませんし、汚いということもありませんでした。

ただし、お店によっては防犯上トイレにいくためにはスタッフから鍵を借りたり、鍵を開けてもらう必要があるところもあります。

日本に比べてクレジットーカードでの支払いが一般的なハワイですが、現金を全く持っていないというのも困ります。バスやトローリーでは現金が必要となりますし、おつりは出ません。

現金はどこで両替するとお得なのでしょうか。すぐに必要な分は日本の銀行や空港で渡航前に両替してしまうのが便利だと思います。

その後手持ちがなくなりそうになったら、DFSの向かいにある日本語の看板の両替窓口へ行ってください。そこでは手数料無料で両替をしてくれますのでとてもお得です。

いつも日本人が並んでいるのでわかりやすく、また人通りも多く安心して両替できる場所です。ホテルでも両替できますがレートが悪いのでおすすめしません。

ハワイでの移動手段、レンタカーを借りない場合にはどうしたらいいのでしょうか。毎回タクシーに乗るのも割高だし、暑い日は歩きたくない。

そんなときに便利なのがザ・バスやトローリーなどの公共の乗り物です。バスは2ドル50セント、トローリーは2ドルです。アラモアナとワイキキを結ぶピンクラインはJCBのクレジットカードを提示すれば無料で乗車できます。

バスやトローリーの路線図はガイドブックにも出ていますし、ザ・バスの公式HPでも確認することができます。

現在地と行きたい場所を入力すればどのバスに乗ったらいいか教えてくれます。でも一番確実なのは乗車時に運転手に行き先の確認をすることです。

ついでに目的地に着いたら教えてくださいと伝えておきましょう。観光客が多いハワイではみなさんそうしていますので恥ずかしがることはありません。

ただし、午後は渋滞も多く時間通りに来ないこともありますので急いでいるときには注意しましょう。

以上、ハワイに行って困ったときの対処法をご紹介しました。

最低限の荷物で済ませたい人は着回しコーデを考えるべし

ハワイに限らず海外旅行に行く際の持ち物には頭を悩ませます。

あれもこれもと詰め込んでいるとすぐにスーツケースはパンパンになって重量オーバー。

私もついつい荷物が多くなってしまうタイプです。ハワイに行くならTシャツやショートパンツは必要だし、おしゃれなサマードレスも持っていきたい。

ストローハットはかさばるし、スニーカーとサンダルはマストアイテム。いろいろ考えるうちに面倒になって全部持ってしまうのです。

よくファッション雑誌で1週間着回しコーデなどの特集をしていますが、同じ感覚でハワイでのコーデを考えてみてはどうでしょうか。

コンドミニアムなら洗濯ができますし、現地でも洋服を購入することを考えれば日本から持っていくコーデはそれほど多くなくて済みます。

まず必要なのはサマードレスやワンピースを一着。日本ではあまり着ない派手なもの、露出の多いものでもハワイならへっちゃらです。

せっかくなので鮮やかな色の1枚を選びましょう。

そしてTシャツとシショートパンツ。年齢によってはショートパンツではなく、ハーフパンツなど長めのものを選びましょう。柄物もおすすめです。

Tシャツは2枚ほどあればいいでしょう。持っていくパンツと合わせてもおかしくない色や柄を選びましょう。

そしてパーカー、できればUVカットのものがおすすめです。丈が長めのものにすれば、ラッシュガードとして、日焼けを防ぐことができます。

水着も忘れずに持ちましょう。かさばるものではないので、お気に入りを2着持っても構いません。

余裕があれば薄手のマキシスカートもあれば、Tシャツに合わせてコーデを変えることもできます。

小物類もハワイでの思い出を彩るためには欠かせません。ストローハット、サングラス、ビーチサンダルをおわすれなく。

ビーチサンダルのほかにおしゃれなサンダルを一つ持っていきましょう。トレッキングなどを予定している場合にはスニーカーも必要です。

その他にも麻の編んだバッグやトートバッグなど折りたためるバッグや濡れたものを入れられるビーチバッグなどが使い勝手がいいと思います。

アクセサリーはとにかく大振りのもの、目立つものに限ります。ビーズやストーンを使ったカラフルなものもハワイらしくていいですね。

間違っても高価なアクセサリーなどは持っていかないようにしましょう。

自分のハワイコーデを思い返してみると黒のワンピースの上にユニクロのUVカットパーカーが定番でした。グレーの中折れハットとビーズの大振りのピアスを毎日つけていました。

持っていったけど結局一度も着なかったのはオールインワン。可愛かったのですが、トイレに行くのが面倒で着ませんでした。

流行りのクラッシュデニムもなんだか暑苦しくて出番なしでした。デニムもショートパンツ以外は必要ないと思います。

ちょっとフォーマルな紺色のシンプルなコットンスカートも持っていきましたが、ハワイでは地味に感じてスーツケースに入れっぱなしでした。

季節によっても、滞在日数によっても持っていく洋服は異なると思いますが、着回しコーデを考えながら洋服を選ぶといいと思います。